TOPページへ / 漢方の基礎知識 / 配合の妙 / 東京漢方入門講座
  トピックス / 講演会予定と内容 / プロフィール / 診療のご案内


講演会予定
>2015年 >2014年 >2013年 >2012年 >2011年 >2010年 >2009年 >2008年 >2007年 >2006年
>2005年 >2004年 >2003年

2003年12月  
24日 川越市(川越市総合保健センター主催)
『膠原病との上手なつきあい方』
時間:13:15〜14:30
対象:市内在住の膠原病患者及び家族
13〜14日 松山市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
11日 本庄市(シリーズ3)
内容:漢方医学の基礎知識をふまえたうえで、「実際の臨床でどうやって漢方薬を選び投与するのか」についてお話いたします。主な題材は「カゼ症候群」ですが、アレルギー疾患や喘息などについてもお話いたします。
6〜7日 宮崎市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
   
2003年11月  
29〜30日 岐阜市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
27日 仙台市(シリーズ2)
内容:東洋医学の診察方法と「そこから割り出される情報をどうやって処方に結びつけるか」についてお話いたします。
26日 池袋(step uo講座2)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
22〜23日 札幌市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
20日 郡山市(シリーズ3)
内容:漢方医学の基礎知識をふまえたうえで、「実際の臨床でどうやって漢方薬を選び投与するのか」についてお話いたします。主な題材は「カゼ症候群」ですが、アレルギー疾患や喘息などについてもお話いたします。
19日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ1)
内容:「葛根湯が効かない?」と題してカゼに用いられる漢方薬がどのようなルールで使い分けられるのか、どうしてあんなに沢山用意されているのか、についてお話いたします。
16日 金沢市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
12日 大宮市(ポケットカタログシリーズ2)
内容:保健収載されている漢方エキス剤について、徹底的に「臨床上での使い分け」についてお話いたします。ポケットカタログに掲載されている「適応症」から様々な処方をピックアップして、比較検討する新しいシリーズの第2回目です。
9日 千葉市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
1〜2日 静岡市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
   
2003年10月  
30日 本庄市(シリーズ2)
内容:東洋医学の診察方法と「そこから割り出される情報をどうやって処方に結びつけるか」についてお話いたします。
25日 仙台(follow upセミナー)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。実例や問題を交えて「どう対処する」の実践をご理解いただくことが目的です。
23日 仙台(シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
2日 池袋(step uo講座1)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
18〜19日 長岡市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
16日 郡山(シリーズ2)
内容:東洋医学の診察方法と「そこから割り出される情報をどうやって処方に結びつけるか」についてお話いたします。
15日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ1)
内容:この秋からはじまる全10回シリーズの第1回目です。今回はシリーズ全般をとうしてどうしても必要となる「漢方医学の基本概念」についてお話をいたします。東洋医学と西洋医学のシステムの違いを理解することはとても重要なことです。
12日 日本東洋医学会関東甲信越支部総会シンポジウム
リウマチ性疾患の疼痛に対する漢方治療
内容:代表的な処方をあげ、このような場合によく用いられる処方を2つのグループにわけて考えます。そこから「西洋薬との共通点と相違点」を探り出し、漢方薬を選択する意味について考察いたします。
11日 日本東洋医学会群馬県部会主催「公開市民講座」
特別講演:「婦人病の漢方薬が多いわけ」と「これからのこと」
内容:女性が健康でいきいきと活躍されるために必要なこと。それを東洋医学の視点から解き明かして行きます。
8日 大宮市(ポケットカタログシリーズ1)
内容:保健収載されている漢方エキス剤について、徹底的に「臨床上での使い分け」についてお話いたします。ポケットカタログに掲載されている「適応症」から様々な処方をピックアップして、比較検討する新しいシリーズです。
5日 仙台市(フォローアップセミナー)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。実例や問題を交えて「どう対処する」の実践をご理解いただくことが目的です。
   
2003年9月  
27日 札幌市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
25日 立川市(シリーズ3)
内容:漢方医学の基礎知識をふまえたうえで、「実際の臨床でどうやって漢方薬を選び投与するのか」についてお話いたします。主な題材は「カゼ症候群」ですが、アレルギー疾患や喘息などについてもお話いたします。
20〜21日 浜松市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
18日 郡山(シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
13〜14日 名古屋市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
11日 大宮ソニックシティー(シリーズ6)
内容:「足腰に力が入らない」「夜中のおしっこが…」と題してお送りいたします。東洋医学にある「五臓」という概念のうち、「腎」に注目した治療を中心に解説いたします。
9月7日 日本大学東洋医学研究会主催(シリーズ6)
特別講演:「コンビニ・ケータイ・漢方薬?」 内容:現代社会のなかで東洋医学の思想が必要である理由について考えます。
   
2003年8月  
31日 大阪市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
28日 埼玉県本庄市(シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
   
2003年5月  
31日 宮崎市(入門セミナー)
25日 盛岡市(入門セミナー)
15日 市ヶ谷(東京漢方入門講座17)
8日 大宮ソニック(シリーズ4)
   
2003年4月  
17日 市ヶ谷(東京漢方入門講座16)
16日 両国(シリーズ3)
9日 宇都宮市(シリーズ3)
   
2003年3月  
20日 市ヶ谷(東京漢方入門講座16)
19日 両国(シリーズ2)
12日 宇都宮市(シリーズ2)
8日 市ヶ谷(薬剤師のための漢方講座)
6日 埼玉医科大学(漢方研究会)
2日 千葉市(step up講座)
   
2003年2月  
28日 旭川市(医師会)
22日 姫路市(入門セミナー)
20日 市ヶ谷(東京漢方入門講座15)
19日 両国(シリーズ1)
15日 大分市(入門セミナー)
13日 大宮ソニック(シリーズ3)
12日 宇都宮市(シリーズ1)
8日 昭和大学付属病院(漢方研究会)
6日 埼玉医科大学(漢方研究会)
1日 池袋(北区薬剤師会)
   
2003年1月  
29日 水戸市(シリーズ3)
26日 四谷(step up講座)
23日 立川市(医師会)
21日 坂戸市(坂越薬剤師会)
18日 神戸市 (入門セミナー)
16日 市ヶ谷(東京漢方入門講座14)
14日 埼玉県久喜市(シリーズ3)
■公開市民講座

公開市民講座はその名のとおり、一般市民の方々に東洋医学をしっていただくための企画です。ここではわたくしが担当するものについて掲載いたします。東洋医学の本質をご理解いただくことはなにも病気や治療に限ったことではなく、我々の生活そのものに多くのヒントを与えてくれます。是非ご参加ください。

日本東洋医学会群馬県部会主催「公開市民講座」
特別講演:「婦人病の漢方薬が多いわけ」と「これからのこと」
日時:平成15年10月11日(土) 15:00〜16:00
会場:群馬県民会館(小ホール)
定員:500名 参加費 無料

日本大学東洋医学研究会主催
特別講演:「コンビニ・ケータイ・漢方薬?」
日時:平成15年9月7日(日)13:00〜17:00
会場:板橋区立文化会館大ホール
東京都板橋区大山東町51−1
  最寄駅 東武東上線「大山駅」下車徒歩3分
定員:1000名(先着1000名様に参加証を送付)

リウマチ友の会主催講演会
「リウマチ・膠原病診療において東洋医学に何を期待するか、何ができるか」
日時:平成15年8月3日(日)13:00〜14:30
会場:埼玉県日高市「こまの里」
 

Copyright©2002-2016 ASAOKA. All right reserved.