TOPページへ / 漢方の基礎知識 / 配合の妙 / 東京漢方入門講座
  トピックス / 講演会予定と内容 / プロフィール / 診療のご案内


講演会予定
>2015年 >2014年 >2013年 >2012年 >2011年 >2010年 >2009年 >2008年 >2007年 >2006年
>2005年 >2004年 >2003年

2004年12月
13日 盛岡市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
2日 厚木市(入門シリーズ3)
内容:呼吸器疾患に用いる処方を題材として、東洋医学のルールの重要性を再確認いたします。


2004年11月
23日 厚木市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
21日 日本平(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
18日 ツムラ本社ホール(東京漢方入門講座)
第3回(通算23回):『もう一つの鍵』
内容:東洋医学の着眼点でしかみえないものについてお話いたします。
11日 厚木市(シリーズ2)
内容:漢方薬というものの特徴と東洋医学の診察方法、その意味についてお話いたします。
7日 旭川市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
3日 札幌市
内容:日常で頻用される処方について。漢方薬のもつ特徴や理解の仕方を交えながらお話いたします。


2004年10月
31日 札幌市(札幌step upシリーズ3)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。また、今回からは実例問題集も用い、実践さながらに処方を選ぶシュミレーションを行います。
28日 大宮ソニックシティー(薬剤師の為の漢方講座 シリーズ10)
「咳」
内容:咳の原因と対応について、東洋医学的視点から考えます。
23日 那覇市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

21日 ツムラ本社ホール(東京漢方入門講座)
第2回(通算22回):『構想の死角』
内容:「処方名」にこだわることにより見えなくなるものについて考えます。
14日 郡山市(シリーズ6)
「補の漢方処方」
内容:漢方に独特の「補」と「瀉」という考え方。今回はどうやって何を「補」するのか、についてお話いたします。
10日 宮崎市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
7日 厚木市(入門シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
3日 大阪(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


2004年9月
30日 浜松市
内容:消化器病に用いられることの多い書処方の特徴と、なぜ消化器病に用いられるのかについてお話いたします。
26日

鹿児島市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。

23日 盛岡市(follow up講座)
内容:漢方医学の基礎から頻用される処方の特徴や使い方ついて解説いたします。
19日 札幌市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
16日 ツムラ本社ホール(東京漢方入門講座)
第1回(通算21回):『狂ったシナリオ-Come back Dr.K 』
内容:「病名」だけにとらわれ思い付く処方と実際に必要な処方との違いは…
12日 名古屋(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
9日 大宮ソニックシティー(薬剤師の為の漢方講座 シリーズ9)
「お腹が痛い」
内容:心とお腹の深い関係について、東洋医学的な視点と対応について。


2004年8月  
29日 姫路市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
26日 郡山市(シリーズ5)
「夏の漢方処方」
内容:夏場のトラブルに対する漢方治療についてお話いたします。
22日 札幌市(札幌step upシリーズ2)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
5日 相模大野(入門シリーズ3)
内容:呼吸器疾患に用いる処方を題材として、東洋医学のルールの重要性を再確認いたします。
1日 大阪(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
   
2004年7月  
29日 大磯市(入門セミナー3)
内容:呼吸器疾患に用いる処方を題材として、東洋医学のルールの重要性を再確認いたします。
28日 板橋区医師会講演会(シリーズ3)
内容:呼吸器疾患に用いる処方を題材として、東洋医学のルールの重要性を再確認いたします。
25日 山形市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
21日 大阪毎日本社ビル(大阪漢方入門セミナー シリーズ10)
「やっぱりすごいぞ、漢方薬」
内容:東洋医学の目線でしか見えないもの、その大切さについて皆様と御一緒に考えてみたいと思います。
19日 釧路市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
11日 松山市(入門セミナー3)
内容:呼吸器疾患に用いる処方を題材として、東洋医学のルールの重要性を再確認いたします。
8日 大宮ソニックシティー(薬剤師の為の漢方講座 シリーズ8)
「そろそろ更年期かしら」
内容:様々な愁訴があらわれる更年期障害への東洋医学的対応について。
4日 厚木市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
1日 相模大野(入門シリーズ2)
内容:漢方薬というものの特徴と東洋医学の診察方法、その意味についてお話いたします。
   
2004年6月  
30日 板橋区医師会講演会(シリーズ2)
内容:漢方薬というものの特徴と東洋医学の診察方法、その意味についてお話いたします。
24日 大磯市(入門セミナー2)
内容:漢方薬というものの特徴と東洋医学の診察方法、その意味についてお話いたします。
23日 池袋メトロポリタンホテル(東京step up講座懇親会)
内容:基礎から応用までご理解いただいた先生方との最終意見交換の場です(closed)。
20日 札幌市(札幌step upシリーズ1)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
16日 大阪毎日本社ビル(大阪漢方入門セミナー シリーズ9)
「下半身に力が入らない」「おしっこの出が悪くて」
内容:東洋医学の概念のひとつ「腎」にスポットをあててみます。東洋医学における臓器の概念が西洋医学のそれとは異なる点や日頃遭遇する愁訴にどのように対応するかについて解説いたします。
13日 秋田市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
10日 郡山市(シリーズ4)
「婦人病の漢方治療」
内容:漢方治療の得意分野である婦人病。東洋医学の視点からみえる婦人病の特徴、漢方が得意である理由、そこで活躍する処方について解説いたします。
6日 那覇市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
3日 相模大野(入門シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
   
2004年5月  
30日 高知市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
29日 読売文化センター健康講座
会場:大宮ソニックシティー
「東洋医学を知る健康の失い方と取り戻し方」
内容:健康ブームにわく現在の日本。しかし人々が求める健康が本当の意味の健康なのか否か。
27日 宇都宮市(シリーズ2)対応
西洋医学で「自律神経失調症」と呼ばれる病態に対して漢方医学がどのように診断してゆくのかについてお話いたします。
23日 大阪市 大阪入門セミナー(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
20日 大磯市(入門シリーズ1)
仙台(シリーズ1)
内容:漢方治療を行う上でどうしても必要となる東洋医学の基本概念についてお話いたします。
とかく難しいと言われることの多い東洋医学ですが、この基本さえ押えれば決して難解なものではないとお解りいただけるはずです。
19日 大阪毎日ホール(大阪漢方入門セミナー シリーズ8)
「食欲がなくて」「ご飯が美味しくない」五臓のなかの「脾」の働きと重要性について解説いたします。
16日 松江市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
13日 大宮ソニックシティー
薬剤師の為の漢方講座 シリーズ7
内容:今回は「お腹が痛い」と題して心と身体の関係についてお話してみます。
   
2004年4月  
25日 松山市(入門セミナー2)
内容:東洋医学の診察方法とその意味についてお話いたします。
21日 大阪毎日ホール(大阪漢方入門セミナー シリーズ7)
「最近冷え症や生理痛に悩んでいるの」
内容:漢方では冷えや生理痛をどうとらえるか、どう対処するか。
18日 加古川市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
15日 宇都宮市(シリーズ1)
内容:腰痛や関節痛といった疼痛性疾患への対応についてお話いたします。
   
2004年3月  
25日 水戸市:アレルギー性鼻炎の漢方治療。
24日 池袋(step up講座2/2)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。臨床問題集を用いて「どう対処するのか」についてお考えいただきます。
21日 秋田市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
17日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ6)
内容:「慢性の頭痛なら」
生薬の働きを十分に生かして漢方の概念をフル活用します。
13〜14日 名古屋市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
11日 錦糸町(ポケットカタログシリーズ2)
内容:保健収載されている漢方エキス剤について、徹底的に「臨床上での使い分け」についてお話いたします。ポケットカタログに掲載されている「適応症」から様々な処方をピックアップして、比較検討するシリーズ第2弾です。
   
2004年3月  
25日 水戸市:アレルギー性鼻炎の漢方治療。
24日 池袋(step up講座2/2)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。臨床問題集を用いて「どう対処するのか」についてお考えいただきます。
21日 秋田市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
17日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ6)
内容:「慢性の頭痛なら」
生薬の働きを十分に生かして漢方の概念をフル活用します。
13〜14日 名古屋市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
11日 錦糸町(ポケットカタログシリーズ2)
内容:保健収載されている漢方エキス剤について、徹底的に「臨床上での使い分け」についてお話いたします。ポケットカタログに掲載されている「適応症」から様々な処方をピックアップして、比較検討するシリーズ第2弾です。
   
2004年2月  
28〜29日 鹿児島市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
25日  池袋(step up講座1/2)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。臨床問題集を用いて「どう対処するのか」についてお考えいただきます。
21〜22日 仙台市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
18日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ5)
内容:「めまい・耳鳴」
きっと漢方的所見が他にもあるはず。「水」の概念を中心に対処方法をお話いたします。
15日 大分市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
12日 愛知医科大学:愛知医科大学漢方研究会特別講演
「東洋医学の診断と西洋医学の診断」
5日 会津市(内容未定)
1日 旭川市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
   
2004年1月  
31日 千葉市(薬剤師のための漢方講座)
:漢方治療と漢方薬と漢方医学の特徴
内容:漢方薬というものの特長と、それを用いるうえでの考え方について。薬剤師の先生方にご理解いただきたい点についてお話いたします。
24〜25日 盛岡市(step up講座)
内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。
22日 仙台市(シリーズ3)
内容:漢方医学の基礎知識をふまえたうえで、「実際の臨床でどうやって漢方薬を選び投与するのか」についてお話いたします。主な題材は「カゼ症候群」ですが、アレルギー疾患や喘息などについてもお話いたします。  
21日 大阪(大阪漢方入門セミナー シリーズ4)
内容:「腰が重い」「関節が痛い」時の対処方法
単に消炎鎮痛剤の代わりではなく、より柔軟に「血」と「水」の概念を導入して適応処方を割り出します。
18日 姫路市(入門セミナー)
内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。
15日 錦糸町(ポケットカタログシリーズ1)
内容:保健収載されている漢方エキス剤について、徹底的に「臨床上での使い分け」についてお話いたします。ポケットカタログに掲載されている「適応症」から様々な処方をピックアップして、比較検討する新しいシリーズです。
 

Copyright©2002-2016 ASAOKA. All right reserved.