TOPページへ / 漢方の基礎知識 / 配合の妙 / 東京漢方入門講座
  トピックス / 講演会予定と内容 / プロフィール / 診療のご案内


講演会予定
>2015年 >2014年 >2013年 >2012年 >2011年 >2010年 >2009年 >2008年 >2007年 >2006年
>2005年 >2004年 >2003年

2005年12月
4日 鹿児島市 step up講座

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


2005年11月
30日 飯能市 Dr.浅岡の漢方ナビ3/3

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する3回シリーズの最終回になります。

23日 広島市 step up講座

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。

22日 池袋メトロポリタンホテル(漢方step up講座3/3)

内容:興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストの多いものについて解説いたします。3回シリーズの最終回になります。

20日 札幌市 入門セミナー

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

17日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第13回(通算33回):『足されたダイアル』

内容:生薬を追加してゆく目的と手順。漢方薬が進化してゆく道筋を考えてみましょう。


6日 長崎市 入門セミナー

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。



2005年10月
30日 大阪市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

27日 池袋メトロポリタンホテル(漢方step up講座2/3)

内容:興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストの多いものについて解説いたします。

3回シリーズの第2回になります。


26日 飯能市 Dr.浅岡の漢方ナビ2/3

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する3回シリーズの第2回になります。


20日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第12回(通算32回):『寡黙な案内人』

内容:目立ちはしないが重要な意味を持つ生薬、今回はそのひとつである芍薬についてお話しいたします。


16日 仙台市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


12日 坂戸鶴ヶ島医師会・坂越薬剤師会 合同講演会

Dr.浅岡の漢方ナビ3/3


9日 札幌市(上級者セミナー)

漢方医学や処方についての基本的知識をお持ちの先生を対象として、実際の臨床でどのように東洋医学の視点を活用するかについて解説いたします。

5日 飯能市 Dr.浅岡の漢方ナビ1/3

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する3回シリーズの第1回になります。


2005年9月
22日 池袋メトロポリタンホテル(漢方step up講座1/3)

内容:興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストの多いものについて解説いたします。

3回シリーズの第1回になります。


18日 宮崎市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


15日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第11回(通算31回):『ルージュの呪縛』

内容:なぜ東洋医学には四診があるのか、その理由について考えてみましょう。


11日 厚木市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


6日 東京丸ビルホール

日経スペシャルセミナー『次に必要なこと』

内容:氾濫する健康情報にどう対処すべきなのか、我々にとって必要なものは何なのか。東洋医学の知恵にその答えを求めます。



2005年8月
28日 京都(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

10日 坂戸鶴ヶ島医師会・坂越薬剤師会 合同講演会

Dr.浅岡の漢方ナビ2/3


7日 名古屋市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。


6日 日本発汗学会 公開市民講座(東京女子医大)

『大ピンチ〜汗がかけない』

現代生活に潜む罠


2日 東京丸ビルホール

日経スペシャルセミナー『婦人病の漢方薬が多いわけ』

内容:なぜ婦人病に用いる漢方処方が多いのか、その理由を探ることから我々にとって薬とは何なのか について考えてみます。



2005年7月
21日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第10回(通算30回)

ご好評につき、シリーズを延長することとなりました。内容についてはただいま調整中です。


17日 札幌市(上級者セミナー)

基礎理論、頻用処方の意図につきご理解いただいている方々を対象とするセミナーです。

10日 新潟市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


3日 那覇市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。



2005年6月
19日 札幌市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

16日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第9回(通算29回):『光と影』

内容:東洋医学にいう虚と実とは…。個の医療であるという理由を探ることからその意味を考えてみましょう。


12日 姫路市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

8日 坂戸鶴ヶ島医師会・坂越薬剤師会 合同講演会

Dr.浅岡の漢方ナビ1/3

5日 厚木市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。

興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。



2005年5月
29日 岡山市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

19日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第8回(通算28回):『仕組まれた幸福』

内容:健康という名の商品、そんな視点から情報の危うさについて考えてみます。


15日 四谷主婦会館(臨床教育指定病院医師対象セミナー)

内容:漢方薬について研修医に質問された時のアドバイスをいかに行うかについてお話しします。

14日 城東漢方ルネッサンス特別講演

「こうして漢方薬は誤解されてゆく」


2005年4月
24日 スクエアー麹町
(日本東洋医学会専門医制度委員会主催 学術講演会)

「漢方薬と東洋医学の距離」
14:50〜15:40

21日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第7回(通算27回):『華燭の罠』

内容:清熱が必要な「内なる熱」についてお話しいたします。その時に必要となる生薬とは…。



2005年3月
20日 姫路市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。

17日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第6回(通算26回):『逆転の構図』

内容:「冷えれば熱くなるシモヤケ」「温まった後にくる湯冷め」。われわれの身体の治る力を引き出す治療の鍵がここにもありそうです。


6日 郡山市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


2005年2月
27日 福山市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

20日 大分市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。

18日 坂戸鶴ヶ島医師会講演会


17日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第5回(通算25回):『美食の報酬』

内容:与えられることによる喪失。これはなにも食べ物や便利さだけのことではありません。もちろん、われわれの身体にとっても言える事。その対応策がさらに薬を加えることだったら…?「補」と「瀉」という東洋医学の考え方から見つめ直してみます。


13日 那覇市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。


2005年1月
27日 名古屋大学 鶴友会館 東海漢方研究会

「漢方薬を西洋薬として扱うメリットとデメリット」

23日 札幌市(札幌step upシリーズ4)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。実例問題集を用い、実践さながらに処方を選ぶシュミレーションを行います。シリーズ最終回です。

20日 銀座ヤマハホール(東京漢方入門講座)

第4回(通算24回):『見えない檻』

内容:意識せずにとらわれてしまう見えない檻。誰もがそんな檻に入っているのかもしれません。檻の向こうと手前には何があり、そして何が異なるのでしょうか。漢方診療にとっての「見えない檻」について考えてみます。


18日 埼玉県鶴ヶ島市 坂越薬剤師会

「生薬から考える漢方処方の適応と禁忌」

16日 八戸市(入門セミナー)

内容:漢方医学の基礎から応用までお話する、集中セミナーです。

9日 大阪市(step up講座)

内容:すでに漢方医学の基礎についてご聴講いただいた方々対象のセミナーです。興味のある処方や実際に使ってみたい処方としてリクエストのあったものについて解説いたします。

 

Copyright©2002-2016 ASAOKA. All right reserved.