TOPページへ / 漢方の基礎知識 / 配合の妙 / 東京漢方入門講座
  トピックス / 講演会予定と内容 / プロフィール / 診療のご案内


■アンケート結果

 2003/7/17アンケート結果

■問題の答え合わせ

 2002/11/21出題の症例
 2002/10/17出題の症例

■演題名

53. 『配合の妙』 2008/11/20

52. 『好意』 2008/10/16

51. 『美しい日々』 2008/9/18

50. 『変身』 2008/7/17

49. 『幸福』 2008/6/19

48. 『純真』 2008/5/15

47. 『節操』 2008/4/17

46. 『恩恵』 2008/2/21

45. 『恥じらい』 2008/1/17

44. 『別れ』 2007/11/15

43. 『信頼』 2007/10/18

42. 『親しみ』 2007/9/20

41. 『英俊』 2007/7/19

40. 『孤独』 2007/5/17

39. 『清純』 2007/4/19

38. 『物忘れ』 2007/3/15

37. 『二つの顔』 2006/3/16
★Good-bye Dr.K
36. 『光と影』 2006/2/16

35. 『合鍵の証言』 2005/12/19

34. 『足されたダイアル』 2005/11/17

33. 『寡黙な案内人』 2005/10/20

32. 『ルージュの呪縛』 2005/9/15

31. 『消された記憶』 2005/7/21

30. 『似顔絵の告白』 2005/6/16

29. 『仕組まれた幸福』 2005/5/19

28. 『華飾の罠』 2005/4/21

27. 『逆転の構図』 2005/3/17

26. 『美食の報酬』 2005/2/17

25. 『見えない檻』 2005/1/20

24. 『もう一つの鍵』 2004/11/18

23. 『構想の死角』 2004/10/21

22. 『狂ったシナリオ』 2004/9/16
★introduction/Hellow Dr.K(Movie)
  21. 『最終回』 2003/7/17
    はたして漢方治療は本当に必要なのでしょうか?
☆漢方の考え方でないと見えないもの
☆漢方が教える「人の多様性」と「医学の奥の深さ」
  20. 『私、クーラーに弱いんです』 2003/6/19
    冷え症と一口に言ってもいろいろ
  19. 『咳』 2003/5/15
    麻黄から厚朴まで、多彩なラインナップ
  18. 『どうも、精神的に不安定で…』 2003/4/17
    気の異常がもたらす種々のサイン
  17. 『なんとかしたい「にきび」と「蓄膿」』 2003/3/20
    こもった熱に清熱の剤
  16. 『そろそろ更年期かしら…』 2003/2/20
    多彩な症状に用意された処方の数々
  15. 『鼻水が止まらない』 2003/1/16
    アレルギー性鼻炎、活躍するのは小青竜湯だけではありません
14. 『X'mas party』 2002/12/5
 
  13. 『乾燥肌には辛い季節』 2002/11/21
    肌の状態での使い分け、アトピーにとっても乾燥肌は大敵
  12. 『お腹が痛い』 2002/10/17
    お腹と心の深い関係、過敏性大腸炎その他の下痢、便秘もこう考えます
  11. 『漢方治療の基本概念』 2002/9/19
    1年たってもう一度お聞きになられたらどうお感じになりますか
  10. 『やっぱりすごいぞ漢方薬』 2002/7/18
    現代医療にとって貴重な先人の知恵
  9. 『下半身に力が入らなくて、尿量も少ない…』 2002/6/20
    お年よりに多い愁訴を漢方的に集約します、「腎」の概念を中心にこう対処します
  8. 『食欲がなくて、食事が美味しくない』 2002/5/16
    食欲の低下は気力の低下にもつながります、大切な「脾」の概念を使うとこんな処方が出てきます
  7. 『最近冷え症や生理痛に悩んでいるの』 2002/4/18
    当帰芍薬散だけが切り札ではありません、「血」の概念を中心にこう考えます
  6. 『慢性の頭痛なら』 2002/3/28
    生薬の働きを十分に生かして、漢方の概念をフルに活用して対処します
  5. 『めまい、耳鳴り』 2002/2/28
    きっと漢方的所見が他にもあるはず、「水」の概念を中心にこう考えます
  4. 『「腰が重い、関節が痛い」時の対処方法』 2002/1/24
    単に消炎鎮痛剤の代わりではなくより柔軟に、「血」と「水」の概念を導入します
  3. 『眠れなくて、どうもやる気が…』 2001/11/15
    「元気がない、気力の不足」に使われている気とは?漢方に特有の「気」の概念を活用します
  2. 『葛根湯が効かない?』
2001/10/18
    葛根湯以外にも感冒治療にたくさん処方を用意している訳、病期を基にした使い分け
  1. 『今回のシリーズを理解するための確認事項』
2001/9/27
    どうして効かないの?絶対必要!漢方薬を効かせるための基本ルール
 

Copyright©2002-2016 ASAOKA. All right reserved.